Core i7はおまけ!? Intel史上最高のCPU


どうもこんにちは、ルーター中継機買って通信速度制限回避できて飛び跳ねているよっすぃーです(ノ)•ω•(ヾ)

今回は『CPU』のいろいろについて書きました。


CPU(シーピーユー、英: Central Processing Unit)は、コンピュータなどにおいて中心的な処理装置として働く電子回路のことである。中央処理装置(ちゅうおうしょりそうち)や中央演算処理装置(ちゅうおうえんざんしょりそうち)などと訳される。

 

Wikipediaより引用


 

つまり、パソコンや携帯電話の中枢部分ですね。これがないと何もできないってやつです。はい。

 

この『CPU』を開発しているメーカーは『Intel (インテル)』や『AMD (エーエムディー)』が有名ですね。世界的にはIntelの方がシェア率が高いです。

今回はIntelのCPUについてお話しします。

みなさんご存知(?)のとおり、Intelは『Intel Core iシリーズ』を開発・発売しています。

あなたの愛用のパソコンもおそらくIntel製のCPUなのではないでしょうか?

中型のノートパソコンにはIntel Core i5が多いと思います。何のCPUかは、パソコンにシールが貼ってあったり、パソコン内から閲覧ができたりします。

その辺は各自での調べをお願いします。

 

んで、今回のお題は、

Intel 家庭用CPU『Core iシリーズ』はIntelにとってはオマケ程度!?

ということです。

『企業なんだから全ての製品に本気入れてるでしょ!』

確かに技術は詰め込んでありますが、Intel最高級にして最強のCPU『Intel Xeonシリーズ』の方にIntelは力を入れているんです。


Xeon(ジーオン)は、インテルがサーバあるいはワークステーション向けに製造販売している、x86 命令セットを持つ CPU 用のマイクロプロセッサのブランド名である。

 

Wikipediaより引用


インテルが新世代のCPUを作る際、全力で最新技術を投入し、最初に作るCPUがXeonで、その後に一般向けのCore i7が出たりi5が出てという流れ。

 

CPUにXeonを使う意味や違いを初心者向けに解説 – BTOパソコン  より引用


 

サーバー、あるいはワークステーション向けとWikipediaは記述されていますが、最近のゲーミングPCにはXeonが搭載されることも多く、市販でXeonを手に入れられるようになってきました。

このXeonはサーバー向けを主として、CGクリエイター、プログラム開発者、研究所のコンピュータなどに使用されることが多いですね。

ちなみにIntelはこのXeonにIntelが持っている全ての最新技術を真っ先に投入して最高のコアを開発しています。


 

 

僕の愛用VPSのConoHaさんもこのXeonを搭載しているようです(っ´ω`c)

 

http://memo.mcpe-jp.com/2015/11/good-vps_conoha/

 

ではこの超高性能CPUはいくらなのか?

なんと…

image

【値段にバラつきがあります(´^ω^`)ブフォ】

 

これはなぜかというと、性能の問題です。

XeonはCore iシリーズと同じく、i3,i5,i7のようにE3,E5,E7のように三段階に分けられています。

 

研究所のコンピューターはE7であることが多いですが、ゲーミングPCはE3、CGクリエイターやプログラマーはE5という位置付けでよいかと。

まぁCPUという存在自体も、クロックの技術が限界に近づいてきているんですけどね…

 

このIntel Xeonを購入したい場合は対応のマザーボードも同時に購入する必要がありますが、ゲーミングPCにはCore i7で問題ないでしょう。

どうしても購入したい場合は価格.comにてIntel Xeon – 価格.comがあったのでそちらをご覧ください。

 

俺も高性能CPUほしいなぁ…


関連サイト

 

CPUにXeonを使う意味や違いを初心者向けに解説 – BTOパソコン.jp

 

インテル株式会社

Yossi1114

どうもこんにちは、このサイトの管理人のよっすぃーです\(へωへ)/

Core i7はおまけ!? Intel史上最高のCPU” への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です