iPhone最恐のエラー[53]と1970/1/1


こんにちは、retoruです。

ところでエラー53って知ってます?

殆どの人は関係ないと思いますがApple正規サービスプロバイダ以外でTouchID(ホームボタン)を交換した人にはぜひ知ってもらいたいものです。

具体的にはiPhone6/6sでTouchIDのパーツを変更し、iOSを更新すると発症するエラーです。

iPhone5sでは発症が確認されないため、ApplePay用に搭載されたNFCと関係があると思われます(指紋情報を読み取る部分なのでApple側も慎重なのでしょう。

大抵、iPhoneを修理する場合は本体まるまる交換という場合が多く(液晶割れの場合は画面交換も選択できる)、TouchIDのみの交換はしないと思われます。そのため、異常があるとシステム側に通知され端末がロックされるのでしょう。

AppleStoreの店員はどうすることもできませんと答え、iPhoneの交換には270ポンドの費用がかかると告げました

それに対してユーザーは怒ったのかカリフォルニア州ではAppleが集団提訴されました。

↓訴状

それに関連して。

1970/1/1って何のことか分かりますか?

UNIXに精通している方ならすぐピンとくると思いますがこれはUNIX時間の始まりの日です。

UNIXベースのiOS(iPhone5S以降)で1970年1月1日を設定し再起動するとiOSシステム内で妙な行動を起こし、再起動ループが発生する問題です。

一番な簡単な解決方法は バッテリー残量を空にする です。バッテリー残量が空になると時刻がリセットされるため、ループから抜け出せるというものです。

また、iPhoneのバッテリーのコネクタを抜くという手もありますがあまりおすすめはしません。

それでは、でわでわ~

iPhone最恐のエラー[53]と1970/1/1” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です