【Web開発】includeをメニューに使う理由


どうもこんにちは、最近ブログネタリストの作成を検討中のよっしーです()

 

3ヶ月ほど前あたりのことでした。自分はWeb開発が大好きだったのですが、本当に面倒くさい場面もあったのです。それがメニューのリンク先のパスの指定です。

個人的にページのURLの最後が.html形式になるのが気に入らなかったのでディレクトリの中にindex.htmlを作っていました。

そんな変なこだわりさえ無ければ楽だったのですがね(´・ω・`)

 

これを改善するために「Smarty」というものを発見しましたが、どうにも要らない機能が多いのでやめました。

どうにかできないのか…!?└(՞ةڼ◔)」!?

あるときハッ!!Σ(・ω・ノ)ノ!と思いついたんです。

それは、メニュー、およびヘッダー部分を別のファイル(head.html)として保存し、各ページに<?php include(‘head.html’);を張り付ければ簡単に共通メニューを実装できるというとても簡単なカラクリです。

これならHTTPのURL指定でも良いですし、特にCSSファイルのパス指定などが楽になります。

企業サイトの[更新情報・お知らせ]なども同様の方法で作成されていることが多いようです。

自分のメインで使用している無料レンタルサーバー「webcrow」は、このincludeが使用可能なのでこれからバンバンこの方法でHTMLサイトを作っていこうと思います。

imageimage

余談:

サイト作ったらここで裏話とか紹介とかしますね()

Yossi1114

どうもこんにちは、このサイトの管理人のよっすぃーです\(へωへ)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です