【2016年】最新のおすすめ無料レンタルサーバーランキング!


どうもこんにちは、そろそろiPhoneの容量がヤバイよっしーです(汗)

 

今回は2016年版おすすめ無料レンタルサーバーランキングを発表します。自分は数々の無料レンタルサーバーを使ってきましたが、「これだ!」と思ったレンタルサーバーをランキング形式で発表したいと思います。ご覧ください。

 

第1位

webcrow(ウェブクロウ) – 無料で始めるホームページ運営!

無料レンタルサーバー「webcrow」
webcrow by Netowl, Inc.
PHP:○(オプション) 容量:1・2GB(オプション) 独自ドメイン:○

「ミニバード」や「ファイアバード」等の格安レンタルサーバーを提供していることで有名なネットオウル社が公開しているウェブクロウは、PHPオプションを選択することでWordPressが利用可能、容量増加オプションを選択すると容量が1GB→2GBに増量される。この二つのオプションを利用しない場合、広告が表示されなくなるのも魅力的だ。

個人的な感想だが、回線、サーバーマシンの性能などとても整っていてアクセスが多いサイトでも耐えられるだろう。

WebFTP対応、MySQLとphpMyAdminも利用できるので、システム開発にも使えるかも?

関連記事 – 【Webcrow】〜PHP7を使えるように〜

 

第2位

Xrea(エクスリア) – 快適なウェブ環境を提供する無料ウェブサービス

image

PHP:○ 容量:1GB 独自ドメイン:○

とても自由度が高く他レンタルサーバーでは見たこともないほど豊富な利用可能プログラム言語が揃っている

PHPはもちろんのこと、Python,Ruby,Perl。自動でFTPを使わなくてもWordPress,XOOPS,MovableTypeなどをインストールしてくれるCGIインストールも完備。

サーバーマシンはそれほど高性能という感じはしないが、機能性ではどのレンタルサーバーにも引けを取らないだろう。

関連投稿 –

サーバー「Xrea」のご紹介٩( ‘ω’ )و

【PHP】get_file_contentsが使える無料レンタルサーバー

 

第3位

Xdomain(エックスドメイン) – ドメイン取得&無料レンタルサーバー

image

PHP:○ 容量:1〜2GB 独自ドメイン:○

MySQLデータベース完備。無料のWordPress専用プランだとディスク容量が2GBになる。このXdomainはサーバーマシンが強いことで有名で、1日に大量のアクセスが来ても耐えることができる優れものです。

これはXserverが提供しているドメイン取得レジストラですが、その付属機能として無料レンタルサーバーが置かれているようです。

転送量に限りがあるので、有料プランにアップグレードするのも一つの手…?

 

第4位

FC2ホームページ – 誰でも簡単に作れる無料ホームページサービス

FC2

PHP 容量:2GB 独自ドメイン:△

HTMLとJavaScriptのみが利用可能のHTMLサーバーで、広告が一切表示されません

クレジット表記はあるものの、多くの人気サイトでFC2ホームページが利用されています。教育関連のサイトとか多い感じかな?かつては自分もこのサービスを利用させていただいていました。

FTPアカウント利用可能、ブラウザ上からファイルの編集が可能で、なんとHTMLファイルの場合テキストが色付けされて表示される。まるでエディタソフトウェアみたいですね!(O_O;)!

また、アルバムメーカーという無料の機能を利用することでフォトギャラリーを設置できる。趣味で撮った写真を公開するのに良いかもしれませんね。

 

第5位

Hostinger(ホスティンガー) – PHP、MySQL付きの無料レンタルサーバー

Hostinger Japan

PHP:○ 容量:2GB 独自ドメイン:○

Webメール、自動インストール機能、SSHコマンドライン*、ホームページ解析、MySQLデータベース…などなど非常に多くの機能が標準装備されています!それに広告表示無し。

なんと自動インストール機能では113ものオープンソースWebソフト・ライブラリが選択可能!

これにはさすがに驚きました。もちろんのことWordPressの自動インストールも可能。これに加えてCronが無料で使用可能なのは驚きました。ただし、Hostingerに付いている無料サブドメインで「.com」のものが少なく、一部のSNSではリンクとして認識されないケースも少なくない模様。

また、有料プランだと無いようですがサーバーが安定しないとのこと。無料プランだと北アメリカリージョン(サーバーマシンの設置地域)しか選択できないため、高負荷のこともしばしばある。

*SSHは無料プランの場合一部コマンド利用制限がある

まとめ

無料のものでも高性能・高機能もものはある!

もちろん有料プランには多少劣ってしまう点はあるものの、自分が構築するウェブサイトやブログの用途や目的に合わせて選択することを強くおすすめします。ちなみにこのブログはランキング1位のウェブクロウで稼働していて、回線が非常に安定しているので選びました。

本当に大規模でアクセスが多いウェブサイトを作ろうとするのであれば有料専門のレンタルサーバーを選択しましょう。さくらのレンタルサーバーなどですね〜。

今後は自分はWordPressクラウドが増えていくのでは、と思っています。今後もさらなるレンタルサーバー業界の発展を見守りましょう٩( ‘ω’ )و!

Yossi1114

どうもこんにちは、このサイトの管理人のよっすぃーです\(へωへ)/

【2016年】最新のおすすめ無料レンタルサーバーランキング!” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です