iPhoneでクソコラ画像を作ろう!『Phonto』


どうもこんにちは、よっしーです( ・ω・)ノ  

 

最近Twitterなんかで「クソコラ」と呼ばれるものを見かけたことはありませんか?

世の中のトレンドになっているものほど多くのコラ画像が作成されやすく、広範囲に拡散することができます。

では実際にiPhoneでコラ画像を作ってみよう!というところから詳しく説明します(OωO)

1. コラ画像の素材確保

まずは素材画像を確保します。拡散されやすい画像を作成するために、世の中のトレンドになっている人物や物が良いでしょう。 Google画像検索だとすぐに出てきます。  

Twitterで素材配布をしている方もいらっしゃいます。

 

2. アプリインストール

こちらのPhontoと呼ばれるアプリケーションをApp Storeからダウンロードします(ノ)^ω^(ヾ)

Phonto 写真文字入れ – App Store こちらのアプリケーションを利用してコラ画像を作成します(すでに持ってる方も多い…??)  

3. 加工開始!\( ‘ω’)/

 ってことで加工していきます!\( ‘ω’)/ウオアアアアアアアーーーッッッ!!!

アプリケーションを起動し、画面中央をタップして素材画像を選択します。

Phonto Select an Image

選択した素材画像が表示されたらOKです。

ここから他の画像を組み合わせたり、文字を入れたりすることができます。

(今回の素材はゲスキノコで行きます)

ゲスの極み乙女 川谷 コラ画像

ではここに文字を挿入していきます(`•ω•´)

挿入したい場所をタップし、[文字を追加]を選択。

Phonto 文字を追加

ここに入れたい文字を入力します!

誰もが吹きだすような文を入れましょう(ノ)^ω^(ヾ)ニヤニヤ

 

[フォント]からは文字の字体を、

[記号]からは特殊文字、

[サイズ]からはテキストの大きさ、

[スタイル]からは文字の色を変更できます。

 

画像を組み込むには

画像を画像の中に入れたい場合は、左下にあるハンバーガーをタップします。

image

そして右から出てきたメニューバーの中にある[画像を追加]ボタンを押します。

そしてライブラリから挿入したい画像を選択し、素材画像に組み込むことができます。

 

4.他の人にコラ画像を見てもらおう!

自分の持っているSNSアカウントを使って拡散します。元素材がトレンドに入っている場合はハッシュタグが設けられている場合が多いので、ハッシュタグを付けて発信しましょう!

 

《〜ちなみに〜》

今回作成したクソコラ画像はこちらです\(^o^)/wwww

image 

狂気を感じます┌(┌՞ਊ՞)┐キェァァァェェェェァァァwww

 


 

まとめ

何より大変なのはフレーズの考案

爆笑するほどのフレーズは考え込むより直感的に思いつく場合が多い(らしい)ので、思いついたらすぐにメモ!というプロセスを繰り返していくのも一つの手段です。

 

このアプリケーションは他の人のブログやウェブサイトでも紹介されていて、普通に文字入れアプリとして使うこともできます\\\\٩( ‘ω’ )و////

インストールしておいて損はないでしょう。

 

以上、「クソコラ画像をiPhoneで作成」でした。

 

 

Yossi1114

どうもこんにちは、このサイトの管理人のよっすぃーです\(へωへ)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です